父の日のプレゼントの選び方を伝授|心に残るプレゼント

贈り物について

お父さんへの贈り物

ギフト

毎年6月のイベントといえば「父の日」であり、日ごろいえない感謝の気持ちをお父さんに伝えることができるチャンスです。お父さんは、外で家族のために頑張って働いており、そんなお父さんの姿を見ることはあまりないかもしれません。しかし、自分が大人になって働くようになったり、お父さんの立場になった時、その偉大さが分かるのではないでしょうか。そんなお父さんへプレゼントを贈りたいと思っている人は多くおり、父の日のプレゼントは定番の贈り物となっています。しかし、毎年ある父の日にどんなプレゼントを贈ればよいか迷う人も多くいるため、ショッピングセンターや通販サイトでは父の日のプレゼントとしていろいろな提案をしています。そのような提案には、お酒やネクタイといった定番の商品から、ゴルフ用品や釣り道具などお父さんの趣味に合わせたものなど多岐に渡ります。さまざまな商品が提案されているため、自分のお父さんに合ったものを探すことができ、そのような提案を参考に、プレゼントを選ぶ人が増えています。また、父の日にふさわしいラッピングをしてもらえたり、プレゼントとともにメッセージが添えられるサービスもあります。そして、離れて暮らしており、なかなか会いにいけないお父さんにも、父の日に届けてもらえるよう宅配サービスも行われています。このようなプレゼントの提案や、さまざまなサービスを利用することで、父の日のプレゼントを贈りやすくなっています。

好きなものと役に立つもの

男の人

なかなか日頃の感謝の気持ちを伝えられませんが、一年に一回の父の日にこそプレゼントを贈ってお父さんを喜ばせてあげてください。ただそのプレゼントは何を選んだらよいか悩んでしまいます。父の日のプレゼントの基本はお父さんの好きな物を贈るか、お父さんのためになるものを贈るようにしてみてください。お父さんの好きな物を父の日のプレゼントで送れば、喜んでくれることは間違いありません。好きな食べ物や趣味のものから選んでみるとよいでしょう。お酒が好きなお父さんはビールが好きでも普段から飲んでいるものは発泡酒だったり、新ジャンルのお酒だったりします。そのような場合は、特別醸造のビールを選ぶことをおすすめします。日本酒や熱燗を飲んでいる人も大吟醸など少し高価なものを選んであげましょう。釣りや旅行やゴルフが好きなお父さんであれば、道具やウェアも父の日のプレゼントとして定番の人気になっています。お父さん位の年齢になってくると健康診断の結果で悪いものもでてきます。メタボが気になっていたり、運動不足を感じていたりしていたら、体重形やランニングシューズといったプレゼントを考える手段もあります。ひょっとしたらお父さんには喜んでもらえないかもしれませんが、子供がお父さんに健康で長生きして欲しいという願望を伝えることができます。お母さんやお医者さんから言われても心に響いてきませんが、子供から言われることには素直に従ってくれるものです。

特にこだわらないこと

ギフトを持つ人

母の日のプレゼントで贈る花というと赤いカーネーションだと誰もが知っています。一方、父の日に贈る花はバラで、特に黄色いバラだと知っている人はそれほど多くありません。父の日も母の日も起源はアメリカにあります。もともと母の日が制定されていたアメリカで、男で一人で育てられた女性がお墓に白いバラを毎年備えていて、父親に感謝する日を作ってほしいと嘆願して、1916年に父の日が制定されました。父の日は6月第3日曜日と決まっていますが、この日は嘆願した女性の父親の誕生日で、1972年からアメリカの記念日として扱われるようになりました。父の日にバラをプレゼントするようになったのはこのいきさつからですが、白いバラは亡くなった父親に供えるもので、健在の父親には赤いバラをプレゼントするようになりました。ところが日本では男性が花をプレゼントされる習慣はほとんどなく、赤いバラは余りに情熱的すぎて引かれてしまいます。白いバラは亡くなった父親に贈るものなので、避けられるようになり、消去法で黄色いバラが選ばれるようになったとされています。近年品種改良によって青いバラも作られるようになりました。もともと青いバラは作りだすことができないとして、花言葉も不可能となっていましたが、今では花言葉も夢が叶うに変わったことにより、青いバラも父の日のプレゼントして人気になってきました。いきさつや花言葉もありますが、あまりこだわらずに選ぶことをお勧めします。子供から贈られるプレゼントであれば、どんなものでも父親は喜ぶものです。