父への感謝の贈り物

三つのおすすめ品

男性

父の日のプレゼントは、どのようなものが良いのでしょうか。父の日は、6月にあるイベントです。しっかり準備し感謝の気持ちを伝えましょう。しかし、普段あまり父と話さない、という人は特に何をプレゼントしたら良いか分からなくなっているのではないでしょうか。そこで、父の日のプレゼントには、いくつかおすすめがあります。しっかりチェックして準備しておきましょう。まず一つ目が、お酒です。ウイスキー、日本酒、ビールなど様々なお酒がありますが、それぞれの父が好きなものを贈りましょう。お酒が好きという男性は多いため、かなり喜ばれることでしょう。普段より少し高い質の良いお酒で、感謝の気持ちとねぎらいの気持ちを伝えましょう。二つ目が、花です。母の日はカーネーションを贈る、という定番があるように、父の日にも花を贈ってみましょう。男性に似合う渋い色合いのものや、季節に合わせたひまわりなどの花もおすすめです。花は、形として残らないという特徴がありますが、それゆえ心に残る素敵なプレゼントになります。三つ目が、食事です。普段より少し高級なレストランで、親子水入らずで食事をする、というのも素敵なプレゼントと言えます。普段忙しくてなかなか親子の時間が取れないという場合、このような時間をプレゼントすると良いでしょう。 以上のように、父の日のプレゼントにも様々な種類があります。自分の父に最適なプレゼントを見極め、親孝行しましょう。

喜んでもらいたい時

女の子

プレゼントは相手の負担にならないものを贈ります。父の日にプレゼントを渡す場合、三千円から五千円以内が相場ですから、その範囲で品物を選ぶと良いでしょう。大前提としてプレゼントは相手が喜んでくれるものを渡すものです。父の日に相応しい品を探し出したい場合、まずは父親の趣味や嗜好を理解しておきましょう。例えばお洒落な人に父の日のプレゼントを贈る場合、ネクタイやネクタイピンがお薦めです。シャツやズボンは相手の趣味にあわなかった場合使い勝手が悪いですが、ネクタイは毎日つけるものだからこそ多様なアイテムを持っていても損になりません。逆に普段はつけないようなデザインのネクタイを贈ることで相手の趣味が広がるケースもあるのです。またネクタイピンは男性のさりげないお洒落に欠かせないものですから、喜んでもらえます。こうした品物の他に、父の日に個性的なプレゼントを贈りたい場合は名前やメッセージを刻印してみましょう。グラスや時計に父親の名前を刻めば、それだけで世界に一つしかない特別なプレゼントになります。毎年の父の日にプレゼントを贈っていると品物がマンネリになりがちですから、特にこうした工夫を凝らすと喜んでもらえます。他にも父親の自由にプレゼントを選んでほしい場合はカタログギフトを選択します。こうしたプレゼントは相手が好きなものを申し込めるため確実に喜んでもらえます。カタログギフトにはスイーツや雑貨など専門的な品を揃えているものがあります。

ありがとうの贈り物

プレゼント

自分を育てるだけでなく、さまざまなことを教え、色々なことから守ってくれる親の存在は子どもにとって欠かせないもの。しかし感謝を言葉にしたり、改めて伝えるというのは気恥ずかしく感じたり、そうした機会を逃してしまうという人も多い。そのため父の日にはプレゼントを贈りたいと考えている人も多く、父の日フェアや、雑誌やテレビなどでも父親向けの贈り物特集などが組まれることもある。父の日のプレゼントとして選ばれる傾向にあるものとしては、やはり父親が日常的に使っているものや食品・飲料品などの好物。サラリーマンの必須アイテムとも言えるネクタイやハンカチ、新しいワイシャツや靴下ななどもプレゼントとしては根強い人気を誇る。女性よりもお酒を飲むというイメージも強いのか、父親向けとして、アルコール類やおつまみ類のプレゼントも人気が高い。いつもより少しだけグレードの高いお酒、限定品のボトル、グラスとセットになったものなどさまざまなタイプがある。母の日の贈り物として定番の花やフラワーアレンジメントなどはあまり人気がなく、どちらかと言えば消耗品が選ばれる特徴があるといえるだろう。例えば、ゴルフ用品であればクラブではなくボールやピンのセット、グローブやキャップをプレゼントに選ぶ人が多い。中には、父親が普段使用しないようなファッションアイテム、例えばサングラスやスカーフなどをプレゼントする人もいる。父の日のプレゼントは非常に多様ではあるが、いつものファッションや食事を少しグレードアップするようなアイテムがとりわけ人気を集めているといえるだろう。